税理士事務所タマツ

お知らせ・ブログ

税金などの『ちょっとトクする!』情報を更新します。
  • 改めまして、初めまして、タマツです|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    この度、基山に移転いたしました。 改めまして、初めまして、タマツです。 なんだか奇妙なあいさつですね。   「初めまして、タマツです」。 初ブログのタイトルでした。   さて、そこで、猫の駅長タマのことを書きました。   http://tamatsu-tax.com/190   そのホームページに、素敵な...

    2017-10-28

  • 「大名」から「プレジデント」へ|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    移転前、移転後の事務所の所在地です。   唐津の事務所は、大名小路にありました。 基山の物件は、プレジデント駅前通りです。   ひとりで仕事をしています。 lordでも長でもないのでは?   いえ、そんなことはありません。   「自己こそ自分の主である。」 (『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元訳...

    2017-09-23

  • 職住一体|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    東京で、毎日の通勤がとても苦痛でした。 福岡で、職住近接の快適さを経験しました。   満員電車から自転車に乗り換え。 ムダな時間とストレスから解放されました。   個人事業の恩恵を享受したいと思います。 職住一体です。   ほんとうに、効率的な働き方ができるのか? 緊張感を維持できるのか?   正直なと...

    2017-09-20

  • 相続放棄|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいトクブログ

    相続放棄したというお話を、しばしば伺うことがあります。 このような内容です。   父の相続にあたって、遺産分割協議をしました。 私が相続放棄をしたので、財産はすべて母が取得します。   しかし、これは、法的な意味での相続放棄ではありません。 遺産分割協議の結果でしかなく、以下の違いがあります。   上の事例で、遺産分割協議を行...

    2017-06-24

  • 『茶室手づくりハンドブック』(岡本浩一、飯島照仁)|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    “茶室が欲しいと思うようになるのは、茶の湯を習い始めてだいたい何年くらいが平均的なところだろうか。 各流派で「小習」と称される点前に習熟し始めるくらいの時期ではないだろうか。”   とありますが、点前どころか、小習という用語さえ、知りませんでした。 茶の湯より前に、茶室に興味を持ってしまいました。 どうやらこれは、例外的な進み方のようです。   “...

    2017-06-17

  • 茶室|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    最近、訪れたある茶室の名席で。 その奥深さに眼を開きました。 一見、簡素。 ところが、そのこだわりに圧倒されました。   つくばって水を使うという、蹲踞(つくばい)。 つくばうは、しゃがむことだそうです。 上部を円く塗りまわした出入口、火灯口(かとうぐち)。 塗りまわしという用語も初めて知りました。   もっと見たい知りたいと思いました。 ...

    2017-06-10

  • 仏手柑|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    正月に宿泊した宿で、仏手柑を知りました。 床の間に正月用として飾られていました。 仏様の手指のような形状で縁起物。 観賞用の果物で、珍しいものだそうです。   これが唐津で作られているとのこと。 唐津市浜玉町の富田農園さんです。 黒いちじく、唐津固有種の柑橘・元寇、菊芋。 希少作物を扱う農家の第一人者です。   付加価値の高い農産物を栽培する...

    2017-06-04

  • 『奇食珍食糞便録』(椎名誠)|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    先日、うみたけ貝の粕漬けを知りました。 http://tamatsu-tax.com/817 玄界灘の珍味に続き、今回は有明海です。   こちらも独自の食文化が知られています。 代表格は、ムツゴロウやワラスボ。 ワラスボなど、エイリアンにもたとえられるようです。   とはいえ、しょせんは魚。 えいやと口に放り込めば、意外に淡白でした。 これら...

    2017-05-27

  • 『体にじわりと効く薬食のすすめ』(前田安彦)|佐賀・福岡の税理士タマツ

    ちょいユルブログ

    ふだん食べているものに、思いがけない薬効が備わっていました。 「薬食とは、その食品がもっている体に有効な成分を、上手に体に取り入れること」だそうです。   呼子の松前漬が紹介されていました。 くじらの軟骨の酒粕漬けです。 また、うみたけ貝の粕漬けというのもありました。 ネットで調べました。 この珍味、佐賀の銘酒のおともに食べてみたいものです。   ...

    2017-05-20

『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか ――ロジャー・コーマン自伝――』(ロジャー・コーマン、ジム・ジェローム)|佐賀・福岡の税理士タマツ

映画ファンにとって、ロジャー・コーマンは、まさに「B級映画の王者」です。 50作あまりの低予算映画を監督し、250作の映画を製作、配給しました。 そして、「三百数本の作品のうち、二百八十本ほどで利益を得た」のです。 &n … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

改めまして、初めまして、タマツです|佐賀・福岡の税理士タマツ

この度、基山に移転いたしました。 改めまして、初めまして、タマツです。 なんだか奇妙なあいさつですね。   「初めまして、タマツです」。 初ブログのタイトルでした。   さて、そこで、猫の駅長タマのこ … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

「大名」から「プレジデント」へ|佐賀・福岡の税理士タマツ

移転前、移転後の事務所の所在地です。   唐津の事務所は、大名小路にありました。 基山の物件は、プレジデント駅前通りです。   ひとりで仕事をしています。 lordでも長でもないのでは?   … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

職住一体|佐賀・福岡の税理士タマツ

This gallery contains 2 photos.

東京で、毎日の通勤がとても苦痛でした。 福岡で、職住近接の快適さを経験しました。   満員電車から自転車に乗り換え。 ムダな時間とストレスから解放されました。   個人事業の恩恵を享受したいと思います … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

相続放棄|佐賀・福岡の税理士タマツ

相続放棄したというお話を、しばしば伺うことがあります。 このような内容です。   父の相続にあたって、遺産分割協議をしました。 私が相続放棄をしたので、財産はすべて母が取得します。   しかし、これは … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

『茶室手づくりハンドブック』(岡本浩一、飯島照仁)|佐賀・福岡の税理士タマツ

“茶室が欲しいと思うようになるのは、茶の湯を習い始めてだいたい何年くらいが平均的なところだろうか。 各流派で「小習」と称される点前に習熟し始めるくらいの時期ではないだろうか。”   とありますが、点前どころか、 … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

茶室|佐賀・福岡の税理士タマツ

This gallery contains 1 photo.

最近、訪れたある茶室の名席で。 その奥深さに眼を開きました。 一見、簡素。 ところが、そのこだわりに圧倒されました。   つくばって水を使うという、蹲踞(つくばい)。 つくばうは、しゃがむことだそうです。 上部 … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

仏手柑|佐賀・福岡の税理士タマツ

This gallery contains 1 photo.

正月に宿泊した宿で、仏手柑を知りました。 床の間に正月用として飾られていました。 仏様の手指のような形状で縁起物。 観賞用の果物で、珍しいものだそうです。   これが唐津で作られているとのこと。 唐津市浜玉町の … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

『奇食珍食糞便録』(椎名誠)|佐賀・福岡の税理士タマツ

先日、うみたけ貝の粕漬けを知りました。 http://tamatsu-tax.com/817 玄界灘の珍味に続き、今回は有明海です。   こちらも独自の食文化が知られています。 代表格は、ムツゴロウやワラスボ。 … Continue reading

More Galleries | Leave a comment

『体にじわりと効く薬食のすすめ』(前田安彦)|佐賀・福岡の税理士タマツ

ふだん食べているものに、思いがけない薬効が備わっていました。 「薬食とは、その食品がもっている体に有効な成分を、上手に体に取り入れること」だそうです。   呼子の松前漬が紹介されていました。 くじらの軟骨の酒粕 … Continue reading

More Galleries | Leave a comment